読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神社 シンクロ 霊妙 霊的 相性

好きな神社がある
基本的にはどこも好きだけど

それでも気になるポイントというか
自分がこの神社のどういうとこをどういうふうに
好きかという理由は神社ごとに理由も異なる

今から話すとこは
境内の末社を参拝すると
祖母を思い出す
何度来ても祖母を思い出す

こういう祖母を思い出すとこは
実は他にも数ヵ所ある
気が祖母と同じなのか
祖母が神霊なのか
どれも末社で起きる
祖母は神界にいるのか?とか考える

そしてシンクロは起きた
ある日いつものようにこの末社に来ると
足下に自分が持ってるものと同じものが落ちてる
ありゃ落としたかと思ったら
そうではないようで落としてなく持ってた

どういうことか
やはり神様は知っているという合図だな
不思議だなと思う

何度も参拝すると
自分のゾーンは外界にも影響を与えるのか?と思う
この話は前に起きたことで

この末社にはアマテラスさま
弁財天さま
稲荷さまの三柱が祀られている

実は今日自分の手の指が勝手に動き
指でキツヌをつくる
何かモノを申してくる

霊妙なものが語りかける
社に祀れと言う
庭か家かどこか聞くとどっちでもいいと

ちょうど御札もアマテラスさま
弁財天さま
稲荷さまがあるので
前途の末社と同じ三柱にできると気づいた

そこの神霊が来てるわけじゃないけど
この同調に合わせるのは面白そうだと思う
なぜならやはり神界に通じてるサインだと思う