読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何もなかろう

お主のことかな

開かれたわけもなく、あるわけもない

何もない何もない

お主の見たいものはそのままだろうが

知りもしない知りもしない

それだけのこと、分からぬ分かる分かる分からぬ

神のものとてお主にはすぐかいな、あらせあらせ

そんなものはないそんなものはない

神のものは神のものなり

やわらかくなお主のような命なりよ

自然にな、あらせあらせ、どうなりよ

気前よく優しくなごやかに生きなされよ

神も喜ぶじゃろうよ

目隠ししてるわけじゃなかろう

神の崇敬さは見たままじゃからな

あれよあれよとなぐさめにもならぬ芝居はやめよ

神の前では自然で良かろう、善悪の人なりよ

あれさあれさ何事も芝居はやめい

神の前でも人であれよ

芝居は魂は歪んでしまう、人であれよお主のなぁ

どうにもならんことあるわけないなりよ

二つとない神の姿は簡単にはならぬなりよ

出来たと思うことすら神の優しさなりよ

ふがいないなと納めないように神の心はいいもの

美しいのは神のものなり

やがてはお主も来たるなり

ほどほどになぐさめにもならぬわけじゃなかろうて

言いきれば吉かいな

見納めば吉かいな

何もなければ吉かいな

うっすら気づいてるよな

そこは神ではなくてお主の心なり

くだらぬ儲け話に神を担ぎなさるなよ

神は神のものよ、お主の心にあらず

言いきれよ、恵みは豊な神のものなり

幸い豊な神のものなり

まして人の心に祈りあり

神の心に感謝なり

神を社、大事にいたせ、恐ろしいほどにな

優しく感謝いたせ、お主の心にはまだはまらぬ

神の姿いいものぞ

良かろう良かろうすぐ分かる、神のものだから

神のものは良かろう良かろうすぐわかる

お主そうなれよ

神のこと通じて待つなり、愛もすぐなり

学ぶなり、神の言葉を、解き明かすなり

すぐ分かるわけじゃなかろうてすぐなすぐな

少し少しは歩くよう食べるよう寝るよう

お主の心はいつまであるかいな

神は心はどこにあるかいな

長く長く続くのだからな、忘れないように

長く長く続くのだからな、神の姿を見失うなよな

お主のこと神は神とて、お主の心じゃないなりよ。