読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の名は。

見てないけど、思うこと。
やはり人気だから気になりあらすじは調べて
知ったり、他の人の意見を読んだり。

つまるところ、
見てないが、書きたい心情は、
何か言いたいわけで。

これだけ人気あれば、
集合無意識に植え付けられ作用する。

そしてシンクロ、
物語はかつてあった事実かもしれないし、
これから起きる事実かもしれない。

君の名は。というくらいだから、
名前にスポットがあたるのかな、
と思えばそうではないようで。
しかし、名前は確かに重要である、
その自分の名は自分を現すだろうし、
他の誰かを現す名前かもしれない。
例えば、有名人の名前、店員の名前、
または、ニュースで事件を起こした名前など、
その名前の持つ力ゆえに表舞台まで登場する、
のだとしたら。
あまり他人は気にしない他人の名前には、
物事の中心をポンと現して、
渦を巻いて物語を作る引力がある。

というふうに、君の名は。の物語に関係ないけど、
名前について思うことでした。

集合無意識の話は、
これだけ物語が認知されたら、
その波動が高まり、
物語を知らない見てない人が、
あたかも物語のように巻き込まれるかもしれない。
巻き込まれてるのすら分からないように、
運命は気づかないうちに流れている。