読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

視点 片目 鏡 中心 両目

鏡で自分を見る
右目が気になる、恨まれたかのような、
怒るような、うらめしいような、
何かが交ざる、
他人がそう見ているのか、
それとも我が心の歪みか。

仕事がら本気でやると、
たまに片目をつつかれたり、ゴミが入る、
片目が狙われてると思ったりもするが、
ゴーグルをつけるかつけないかで防げる。

論点は、極みである、
極みを求めると、片目になる、気がする、
目標物を定める時は、人は片目で定めたりする。

左右の目を交互にパチクリ、すると分かるが、
その時に、目の前の物は、ズレたりする、
つまり、片目で捉えた世界もあり、
両目で捉えた世界は片方の目ともう片方の目で、
捉えた世界である。

パチクリ左右片方の目で交互に目標物を見ると、
ズレるのだから、両目で見る視野は、
上手い具合に見れているなと思う。

しかし、極論は、片目である。
何かの記述で、神職の印に、片目にする、
風習がある、と読んだが、とっぴすぎる。

たまに、眼帯をつけた人を見かけたり、
松葉杖を使う人なり、
ケガや病気と、人は隣り合わせである。
慎重に生きてれば回避できる。

そこで神社参拝となる、
その余裕がワンテンポ生きてくる。